不動産で扱っている新しい一戸建ての住宅

新築物件はとても魅力的です。そして近年では家だけの物件ではなく畑付きなども出てきました。家庭菜園が趣味な方にはもってこいの物件ですね。最近では、不動産が取り扱っている住宅にもいろいろな種類があります。なかでも、最近よく聞く言葉に「シェアハウス」というものがあります。これは、知らない人に説明すると、一つの住宅を複数の人と共用しながら生活する賃貸住宅のことです。建物は、もちろん個人の専用の居室と共用スペースに区分けされています。浴室やトイレ、キッチン、リビングなどは共同で使用します。 このシェアハウスが人気がある年齢層は、20代から30代の社会人が多く、男女比は4対6と女性のほうが多いのが特徴です。このシェアハウスのメリットは、日常では出会わない人との交流ができ人脈が広がるということです。さまざまな人と出会えるので、友だちの友だちなど、どんどん輪を広げていくことができます。また、特に女性の場合は、大勢の人と一緒に暮らすことでセキュリティ面が安心なところに魅力を感じる人が多いです。その他にも、敷金・礼金がいらない、家電や家具をそろえなくてもいいという利点が挙げられます。

厚木 リノベーションを利用頂けます。 370

新築一戸建ての玄関を広くておくメリット

新築一戸建ては設計前の修正が可能なので、どのように暮らしたいのか生活スタイルを考慮したうえで、一緒に暮らす家族にとって安全で行動しやすい環境に整えましょう。玄関の広さは、柔軟に対応できるスペースの一つです。建売分譲住宅の場合でもバリアフリーの観点から玄関の広さを少しだけでも広く確保するようになっていることもあります。高齢者との同居の場合はバリアフリー対策が必要ですし、玄関で靴を履いて立ち上がるときに手すりが設置されていると大変に便利です。バリアフリー対策で段差を解消する場合は、椅子を設置しておくと良いでしょう。椅子に座りながらの動作は腰への負担が少ないからです。バリアフリー対策だけでなく、ネット通販を利用する頻度の高い人は、玄関を広くしておくと便利です。ポイントは配達員が両手で荷物を抱えながら、体を正面の状態で入れるだけの広さを確保することです。玄関が狭くて、重い荷物を運ぶときに、荷物を抱えた手を玄関枠にぶつけて怪我をする配達員もいます。家族が搬入する場合も同様です。新築一戸建ては設計サイズの変更が柔軟に可能なので、荷物を搬入する機会が多いのならば、作業する人の安全性を考慮して、やや広めに設計してもらいましょう。

Copyright ©All rights reserved.不動産で扱っている新しい一戸建ての住宅.