新築一戸建てにシュークロークを施工するメリット

新築一戸建ての間取りを変更できるのならば、シュークロークの設置を検討しましょう。シュークロークは、下駄箱専用の部屋と解釈して良いでしょう。部屋としての広さは広くないのですが、ウォークインクローゼットと同様に、湿度管理や防カビ対策を部屋単位で行なえるメリットがあります。季節ものも含めて、トータルで管理できるので、収納したまま忘れてしまったり、長らく収納したままにしたことによるカビの繁殖などのトラブルも少なくなります。もちろん玄関に下駄箱を設置して、靴の管理をしても良いですし、下駄箱のほうが容積が小さいので除湿剤や防カビ剤を効率よく使用できます。シュークロークは部屋全体に湿度調整機能を備えることができるのも魅力です。壁紙に湿度調整機能の高い素材を使用します。自然素材の塗り壁ならば効果は大きいです。湿度調整機能のおかげで、カビそのものが繁殖しにくい部屋になります。シュークロークは新築一戸建ての設計段階で、効果的に設計してもらうと良いでしょう。収納スペースをシュークロークとして活用したり、空き部屋を靴の収納にも利用できますが、シュークロークは靴にとって快適な空間に施工するのがポイントです。靴だけでなく、革製品にとっても快適な空間になるので、シュークロークはコートの一時保管や帽子の収納にも利用できます。

Copyright ©All rights reserved.不動産で扱っている新しい一戸建ての住宅.